Archive for 7月, 2016

料金改定により新発行された2円の普通切手 | 火曜日, 7月 26th, 2016

2014年(平成24年)4月、郵便料金の改定がなされました。1994年以来ながらく、封書の最低料金は80円、はがきは50円でしたが、消費税が5%から8%に引き上げられたことに伴い、封書の最低料金およびはがきの郵便料金はいずれも2円の値上げとなりました。そして、この改定に合わせた新しい普通切手も登場しました。もちろん、80円切手や50円切手、また額面50円の官製はがきが手元に残っている場合には、わざわざ新しい郵便料金の切手やはがきを買うのではなく、追加分の切手を貼付することにより、そのまま利用することができます。こうしたことから「2円切手」という少額切手の存在が大いに重要性を増すこととなりました。 さて、この少額切手ですが、2002年に一旦は販売が終了していたという点はあまり知られていないようです。それまで長年にわたり、黒を基調とした背景に秋田犬の描かれたものが販売されてきました。ですが、この少額普通切手は利用される機会も少なく、必要が生じた場合でも1円切手を2枚使えばよいということで、引退を余儀なくされたわけです。しかし、このたびの料金改定により、この少額切手に活躍の場が訪れることとなりました。かつての秋田犬にかわる新しい図案として採用されたのは、薄紫色を基調とした背景に描かれた白いウサギ(北海道に生息するエゾユキウサギ)です。ところで、このような料金改定と新しい普通切手の登場の際に、「2円切手を所定の料金分、すなわち26枚貼りつけて、絵はがきなどの私製はがきを送ってみよう」と考えた人もいたようです。では、そのようなことは実際に可能でしょうか。基本的に言って、郵便物に貼りつける切手の枚数に制限はありません。ですから問題は、サイズ的に可能かどうか、ということになります。日本の普通切手のサイズは、縦が25.5ミリ、横が22ミリです。また、官製はがきのサイズは縦148ミリ、横100ミリです。絵はがきなどの私製はがきもこれに準じたサイズである必要があり、縦は140から154ミリ、横は90から107ミリでなければならないと定められています。これに基づき計算すると、はがきを縦にした状態で、切手を横向きにして貼りつければ、最大28枚まで貼付可能です。26枚でしたら余白がいくらか生じますので、そこに宛先の住所や氏名を明記すれば「送ることは可能である」という結論になります。 なお、「2円のはがきを26枚張る事は可能か?」という疑問も生じるかもしれません。1948年から約3年間、はがき料金が2円だった時代があります。そのはがきを26枚どこかに張りたいと思うのであれば、それだけの枚数分の面積、すなわち4,000平方センチほどの面積が確保できれば、望む場所に張る事は可能です。

秋田犬の普通切手は2種類存在します。 | 月曜日, 7月 25th, 2016

日本を代表する犬種、秋田犬ですがその雄雄しく立派な姿から古くより様々なもののモチーフとして愛されてきました。また日本郵政局の普通切手のデザインにも採用され、1953年に発行してから2002年に発売中止になるまで長い間たくさんの人に愛され続けてきたことも有名です。 秋田犬というと「忠犬ハチ公」を思い浮かべる方も多いようですが、この普通切手のデザインのモデルになったのは「橘号」という雌の純血種犬がモデルだと言い伝えられています。 そのりりしい立ち姿や日本犬特有の引き締まった体つきは犬好きや切手コレクター以外の方の目に留まることも多く切手のデザインに採用され49年間という長い時間、活躍してきたのは納得です。 まだ今のようにメールや携帯電話がない時代に、送ったり送られてきた手紙に貼り付けてあったことを思い出す方もいるのではないでしょうか。 とてもシンプルなデザインの切手ですが、今のように簡単に繊細なプリントができる印刷技術がない時代に職人さんが丁寧に作り上げた為か、隅々までじっくりと見入ってしまったり、 とても奥の深い味があるものに仕上がっているように思える方や、 犬好きな方や切手コレクター以外の方の目に留まることも多いのではないでしょうか。この普通切手は1953年の発行当時、郵便料金がはがき5円・封書が10円だったため、購入する人が少なかったそうです。主に切手代に半端な数が生じた場合などに出番が限られていました。 ところが1989年の消費税導入で郵便料金が62円になったことから、購入する人が増えて需要が増し、大活躍する事になりましたが、だれも想像できなかったことかも知れません。 秋田犬の普通切手(当時2円)は実は2種類ある事をご存知でしょうか。 実は2種類ある秋田犬の切手は1953年版と1989年以降に発行されたものが存在します。 特徴や違いは1953年版は素朴で色味が黒く字体などが独特ではっきりしているのに対し、1989年以降版は全体的に青い色みに変化し日本郵政の字体の下に「NIPPON」という文字が追加されて、金額の数字もスッキリとしたものへと変化しています。 また秋田犬の印刷部分も繊細さを増し、細かな表情や陰影・毛並みなど小さな絵画のような雰囲気を持つようになりました。 時代の流れに乗り繊細な変化をしたことも、長く愛される理由だったのかもしれません。 その為、発売中止発表当時は終わりを惜しんだ方や、まとめ買いにいったコレクターの方も多かったのではないでしょうか。

鳥のデザインの普通切手をチェックする | 火曜日, 7月 19th, 2016

切手といえば、郵便物を出す時に必要になるアイテムですが、単に郵便物を出せれば良いと考えるだけでなく、豊富なデザインを楽しむといった面白さもあるのが魅力と言えます。 切手には普通切手もあれば特殊切手もあり、それぞれ色々なデザインがあるものです。アニメキャラクターの切手やハートの形をした切手など、バラエティに富んだラインナップとなっていて、選ぶのが楽しいものです。 また、収集するのが好きな人にとっても、集めがいのある内容になっていると言えるでしょう。 なお、とにかく切手をとことん集めるというのも一つの集め方ではありますが、種類を絞って、特定のデザインの切手だけを集めるというのも面白いものです。 例えば、切手の中には、デザインに植物が採用されている種類の物が存在します。ですから、こういった物だけを集めるというのも面白いでしょう。 また、デザインに動物が採用されている切手も数多く存在しています。犬、猿、リスなど色々な生き物がいますが、鳥も普通切手によく使われてきた生き物です。 鳥好きの人の場合には、本物だけでなく、関連するグッズを集めたくなるという人もいるでしょうが、切手を集めてみるのもなかなか楽しいものです。鳥好きの人で関連グッズを集めたいという人にとって、ちょうど良い情報が得られるのが、こちらの、鳥の図案が使われている普通切手一覧です。 一覧を見るとよくわかりますが、今までに何枚も普通切手に鳥のデザインが採用されてきました。 ちなみに、最初の1枚はホトトギスで、3円切手のデザインとして採用されました。発行されたのは1954年とかなり前のことになります。 近年見られるようなカラフルなデザインの普通切手とは異なりますが、背景に枝なども描かれており、なかなか凝ったデザインになっているのが特徴的です。こういった細かな部分も見どころの一つと言えるでしょう。 なお、1965年に発行された80円切手のやまどりとなると、色が鮮やかになり、体の模様がきれいに描かれているのが見どころとなっています。 1992年に発行された62円切手のキジバトも、かなり細かなところまで描かれていて、きれいなデザインになっているのが注目どころです。 このように、過去にさまざまなデザインが生まれているわけですが、変遷をたどってみると、なかなか味わい深いものがあります。 ちなみに、現在普通に流通している2015年に発行された10円の普通切手にはトキが描かれています。